• 結城 拓人

#7 実例データから読み解く、伸びるYouTube動画の作り方


チャンネル運営が始まって数ヶ月、とりあえず動画を投稿して満足していませんか?

YouTubeで継続的に成長していくためには、視聴データの分析とそれを活かした動画の改善が非常に重要です。

今回はアナリティクスというYouTubeの分析機能を実際に見ながら、分析のポイントを解説してまいります。



(結城) こんにちは、株式会社WIQOMEDIANの結城です。


(滝) こんにちは、 滝です。


(結城) 今回はYouTubeチャンネルのスタート後ある程度期間が経ったものの、実際にその効果が出ているのかいまいちよく分からない、不安という方に向けて、YouTubeの効果測定のポイントをご紹介していきます。



▼動画投稿のあとの行動がYouTube成長の鍵


(結城) 動画を毎回アップした後に視聴回数や登録者の上がり下がりを見て、ただ一喜一憂しているだけでは非常に意味がありません。


では、動画をアップロードした後には何をするべきでしょうか?


やることは2つです。

1つ目は「視聴者の反応の分析」、2つ目は「その結果を次の動画に生かす」ことです。

この2つはチャンネル運営の基本中の基本です。


YouTubeにはアナリティクスという機能がありまして、そこで各動画に対する視聴者の反応

(エンゲージメント)というものを分析することができます。


今回は弊社のYouTubeアナリストの岡崎をまじえて、実際にアナリティクスの画面を見ながら数字の意味を読み取っていきましょう。



▼YouTubeアナリティクスにはどんな指標が存在する?


(岡崎) こんにちは、YouTubeアナリストの岡崎です。よろしくお願いします。


(結城) まず、ざっとアナリティクス内での数値をご紹介します。


”視聴回数” ・・・動画の再生回数

”チャンネル登録者数” ・・・1動画からのチャンネル登録数

”総再生時間”・・・動画が視聴された延べ時間

”視聴者維持率”・・・動画の時間に対する視聴率を%で表した指標

”インプレッション”・・・動画の表示回数

”高評価率” ・・・サムズアップ数をサムズアップ+サムダウン数で割った指標


弊社ではさらにこの指標を組み合わせた独自の判断基準で動画の分析検証を行ってい

ます。


(滝) パッと見てやっぱりこの画面難しいですよね。何がどうなっているか分からないと思いますし、だいたいの人が視聴回数を見て良い悪いの判断をしがちなんですが、これが結構

落とし穴だったりします。今日はその辺も詳しくお話しできたらなと思います。



▼実例データ分析① エリアB 視聴回数/リアクション率がどちらも高い動画


(結城) 今回はその一例として、”動画の再生数” ”視聴者のリアクション率” を比較して、それらの特徴と改善策を考えていきます。


それではこちらの図をご覧ください。



こちらのグラフは、横軸を ”再生回数” 、縦軸を”チャンネル登録率と高評価率”という視聴者リアクションとしています。その中でA~Dの4つのセグメントに分けることができます。

それぞれのエリアごとに細かく見ていきましょう。



(結城) まずは右上のエリアBからご紹介いたします。ここに入る動画は視聴回数もリアクション率も高いというエリアになっています。これはどういった特徴がありますか?



(滝) これが理想の場所ですよね。

視聴回数がすごい良くて、見てる人の反応もすごい良いっていうことで、ここを目指していきたいですよね。


(岡崎) 実例を見せながら解説したいと思います。

この動画は視聴回数100万回を超えた、かなりのヒット動画なんですが、配信してから1年

4カ月経つんですけれども、未だに伸び続けていてもうすぐ180万回再生、この間でチャンネル登録者数 1万8千人と常にこのチャンネルを引っ張ってきた存在といえる動画なんですね。



(滝) この動画1つで1万8千人獲得していることですよね?


(岡崎) はい。すごい動画なんですけど、このチャンネルの他の動画の平均再生回数は1動画あたり3000~4000くらいなんですよ。ですから、飛び抜けた存在なんですね。

この動画が伸びてくれたおかげで新規ユーザーを獲得できています。


(滝) つまりは再生回数を伸ばすということは、今までチャンネルを知らなかった人に認知を上げるということなんですね。認知を上げる場合でも、釣り動画だったら意味ないわけですよね。満足度が低いわけですから。


つまり ”登録率” ”高評価率” のようなエンゲージメントが高いということは、認知を広げながら、満足度も上げているので理想的なんですよね。


(岡崎) 「もっと継続的にみたい」というアクションがチャンネル登録になるので、そういう心をつかんだというところが、まず動画の中身の素晴らしい点であり、一般の人に広がるということは興味を引けるタイトルやサムネイル、動画のテーマだったので動画が見られたということですね。まさに理想の動画ということです。


(滝) 要は、建て付けとしての企画が良く、サムネイルやタイトルも良くて、蓋を開けてみたらの期待通りの面白さがあるような動画の編集がなされているということですよね。


(岡崎) 170万回超の再生がある動画なんですけれども、チャンネル登録率がどれぐらいなのかという話をします。


YouTubeアナリティックスではユニーク視聴者数も出すことが出来るんですけど、表示できる期間が3ヶ月と限られております。今回、28日間で見た時のユニーク視聴者数82,757、登録者数917で、チャンネル登録率を計算すると、約 ”1.1%” となります。



我々もいろいろなチャンネルをやって数字を見てきていますが、1%を超える登録率は高いです。

すごい立派な動画だと思います。