• 結城 拓人

#4 YouTube動画で重要な2つの要素とYouTubeチャンネルがもたらすマーケティング効果

これまで3回にわたり、動画活用やYouTubeの有効性について解説してきました。

YouTubeチャンネル運営についても、以前より前向きな気持ちになられているのではないでしょうか?


しかし、闇雲に動画を作ってもなかなか見てもらうことはできません。

そこで、今回YouTubeで効果を出す動画が持つ、2つの重要な要素を解説してまいります。

そして後半では、実際にYouTubeをきっかけとして、実際のマーケティング活動で効果を出している企業の実例をご紹介します。


(結城) こんにちは、株式会社WIQOMEDIANの結城です。


(滝) 滝です。


(結城) 今回はYouTubeチャンネルを成功させるために必要なポイント、そしてそこ

から期待される効果について解説していきます。



▼動画を見たくなる引き金 ”半歩先の面白さ” とは


(結城) そもそもYouTubeではどんな発信をすれば効果を生むことができるのでしょうか?

一口に動画を見てもらうことを考えても、実は ”視聴の入り口” ”継続して見てもらうこと”とでは重要なポイントが異なります。


まず ”視聴の入り口” において重要なポイントは「面白さ」です。ご自身の経験をとってもよくわかるのではないでしょうか?

ただ面白さといっても様々なタイプがあって、YouTuberのようなバラエティ的面白さだけではなくて、知的好奇心をくすぐったりミステリアスなものもこの面白さにあたります。


ここ数年のYouTube上での都市伝説ブームもまさにこれにあたります。


(滝) YouTubeで人気の”面白さ”で共通しているポイントがあるんですけど、それが”半歩先の面白さ” というものです。半歩先というのはどういうことかというと、「想像できるんだけどやったことはないんだよな」とか「想像したり、聞いたことはあるんだけど、確かなことは知らない」ということですね。


例えば ”やってみた” というジャンルだと、一番有名なのは ”メントスコーラ” ですよね。

あれが人気だった理由は、メントスをコーラに入れると噴射するということは聞いたことがあるけど実際にやってみたらどうなるのか疑問だったからなんですよね。


このように、聞いたことがあるし自分もやろうと思えばできるんだけど、実際にやったらどういう結果になるのか?みたいな企画がすごく人気があるんです。


あとは、話題のニュースがあり、それが今後どうなっていくのかということを解説した動画も、なんとなくざっくりとは分かっているけど、より詳しく知りたいという欲求を喚起するので人気ですね。


全く想像できないことや行き過ぎたことを提示しても、YouTubeでは無視されてしまいます。人は物事を相対的に物事を比較して価値を決めるので、自分の中で全く比較する対象がないようなものを出されてしまってもダメなんですよね。


この「みんな知ってるだろうし、想像したこともあるだろう」という面白さを狙うとやっぱり跳ねやすいんです。やっぱり跳ねやすいですね。人気がある・面白い動画というのは、基本的にそういう傾向があります。


企業が扱っている情報にも、何となく知っているけれど詳しく知らないということが身の周りに隠れていたりするので、その辺をいかに見つけるかみたいなことが重要であると思いますね。



▼「もっと見たい、見続けたい」 を生む “共感”


(結城) では面白さで惹きつけた後、継続的に主張してもらうためにどんなポイントが必要

でしょうか?


それはズバリ「共感」です。


ブランドの表したいテーマが動画内で表現され、それが視聴者の共感と結びつくときに視聴者は動画をもっと見たいと感じます。そして、視聴を重ねるうちに、YouTubeチャンネルそして運営している企業のファンになっていきます。


(滝) 「共感」はもう本当にYouTubeにおいて大事ですね。

まさにYouTubeで流行している ”あるあるもの” や “モーニングルーティン” なんかもそういう部類なのかなと思いますね。

そして、YouTuberというものがこれだけやっぱり人気を博していったというところを考えてみても、「共感」の大事さが分かります。


やっぱり ”今までのマスコミにおけるコミュニケーション” と “YouTubeのコミュニケーション” というのはそこが一番違うんですよね。


テレビなどのマス媒体によるコミュニケーションだと、完成されてパッケージ化されたものを一斉に放送するので、ある程度どこから見ても面白い状態なんです。お笑いで言えば、芸が完成してないと当然ダメなわけですよね。


そこでYouTubeが異なる点は、コンテンツをみんなでインタラクティブに作っていく良さがあるんです。だからパッケージ化されすぎていくと逆に人気が出なくなっていっちゃうんですよね。


視聴者がコンテンツに参加できる余白が必要なんですよ。その余白を形作るのが、まさに”この人私と似ている”, ”私と同じ境遇” などの「共感」なんですね。


YouTuberが人気出たのは、”昔遊んでた近所のお兄ちゃんとか先輩” みたいな感じの共感を生んでいたからなんですよ。すごく特別に見た目が飛び抜けて美しいとか、お笑いのセンスが飛び抜けている訳ではないですよね。


そういう部分が行き過ぎてしまうと、視聴者から遠い存在になってしまいます。古い言い方

すると、”ブラウン管の向こう側の人” になっちゃって、共感が乗りづらくなるんです。


もちろん、面白い人気YouTuberも増えてきているんですけど、その人たちもやっぱり粗さがあるんですよね。


僕ら世代でいうと、とんねるずさんが昔バラエティで活躍していた時、芸としては今に比べると全然粗かったと思うんですよね。でも、”俺らの上の世代をぶっ壊す” みたいな感じで躍動している様子に、若い世代の視聴者の共感がのったわけです。


この粗さなどに対する共感で、YouTuberたちも一般人から人気になっていったということですね。


話が回りくどくなりましたが、共感できるような余白や共通性が本当に重要なんだなということが見て取れますね。


(結城) 確かに、YouTubeのコメント欄を見てみても、「分かる〜」みたいな共感コメントとかツッコミを入れたりして、視聴者も一緒になって楽しんでる感じが見受けられますよね。


(滝) そうですね。楽しませるという点では、例えばサンドウィッチマンさんのコントみたいなコンテンツも楽しさとして成立しているんですが、サンドウィッチマンさんと一緒に楽しめはできないですよね。それに、有名な人だから見てもらえるわけです。


しかし、YouTubeは有名人でなくても「共感」というものを使うことによって人気を博していくことができる。そういう要素があるんです。


(結城) 以前ご紹介した、成果を出しているYouTubeチャンネル北欧、暮らしの道具店もまさにその最たる例といえます。



実際の利用者さんの ”北欧雑貨のある丁寧な暮らし” という世界観が動画内の中で表現されていて、視聴者はそこに自らの理想のライフスタイルを重ね合わせています。


またこのチャンネルではOLや主婦が主人公の連続ショートドラマも配信しているんですが、この登場人物の言葉だったり紡がれていくストーリーも強く共感を生むポイントになっています。


(滝) 映像としてはすごく映画みたいな綺麗で完成された世界観ではあるんですけど、共感がうまく形作られていますね。


人って自分のちょっと延長線上にいる人に憧れたり共感するんですよね。その延長にある人は、自分がこうありたいなって思っていることを肯定してくれる存在になるので、好意をすごく持つわけです。


北欧の暮らしに憧れる人たちが「こうなりたいな」と思える理想の姿を描くことで共感を獲得してるという、すごく上手なやり方をしていますよね。



▼YouTubeがもたらしたマーケティング効果①「B.R.CHANNEL Fashion College」