© 2019 by WIQOMEDIAN Inc.

Powered by

​YouTubeを軸とした「データドリヴン×行動経済学×共感エンタメ」のスキームが、

新時代のブランディングを実現します。

動画制作・チャンネル運営企業様

動画マーケティングで

こんな悩みはお持ちではないですか?

いま最も効果的な方法で

自社の熱狂的ファンをつくる

少子化高齢化や情報過多、そしてマーケットのグローバル化や異業種参入の増加により、あらゆる企業が掲げる上記のような目標を達成することが難しい時代です。

今、競争を勝ち抜くために企業が必要としているのは、自社ブランドの強化による差別化戦略(ブランディング戦略)であり、経済産業省が発行した「伊藤レポート2.0」においても、今後の企業活動にとっての「無形資産(ブランド等)」の重要性が説かれています。

「この商品の機能が良いから買う」ではなく、「この会社・ブランドが好きだから買う」を実現するためには、日々顧客とのタッチポイントを持ち、楽しませ、インタラクティブに関わり合い、好意を向上させ、そして自社のファン・コミュニティを形成することが求められます。

このブランディングプロセスをYouTubeを軸に行っていくのが動画コミュニティ・マーケティング「BRAN動画」であり、日々顧客との接点を持ちインタラクティブに関わり合うそのスキームは、今最も効果的なファンコミュニティ施策のソリューションです。

「BRAN動画」は、「顧客に自社・自社ブランドを見つけてもらい、好きになってもらうためにYouTubeで必要なこと全部」 をご提供します。

YouTubeにおけるブランディング戦略から、チャンネルのコンセプト設計、デザイン、動画制作、 アップロードや視聴者のエンゲージメント対応、 そしてアナリティクス分析、改善というプロセスを一気通貫で実施するため、 確実で効率的、サステナブルなブランディングを 行っていくことが可能です。

全く何もないところから、ご担当者様に大きな手間や知識を要することなく、ファンコミュニティの形成・ブランド差別化プロセスが”オートメーション化”されていきます。

  ワン・ストップで

『ブランディング・オートメーション』

  認知から好意獲得、そしてファン化を確実にする

「データドリヴン×行動経済学×共感エンタメ」 スキーム

「BRAN動画」をご提供する株式会社WIQOMEDIANは、2013年に日本初のYouTube専門プロダクションとして創業以来、「YouTube等のモバイル動画における新しいエンタメ」を追求し2000本以上の動画制作、数十のチャンネルプロデュースを行ってきました。

そのプロセスの中で培った、今の時代のエンタテインメント、とりわけYouTube動画領域に求められる「共感性」をデザインするノウハウを有しています。

この「共感」の土台の上に築くエンタテインメントで視聴者を楽しませるアート的なアプローチと、行動経済学・心理学に基づいたコンセプト設計やブランディング戦略設計、データドリヴンな効果測定などの科学的な視座。

科学×アートのスキームによって顧客の認知・好意を確実に獲得し、強固なファン・コミュニティを創出します。

次世代の

顧客獲得

育成

YouTubeの10代利用率は93.5%、20代利用率は実に94%に昇ります。また、平成25年~平成29年の5年間で、同年代のテレビ利用時間は21%減少したのに対し、ネット動画利用時間は355%増加しました。

今後もこの流れは続くものと予想されています。

次世代の顧客を獲得し、育成していくために、企業にとって今最も重要なチャネルはYouTubeです。

※総務省「平成29年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書概要」より

拡充する

ファン・コミュニティ機能

YouTubeでは近年、次々に新たな機能が追加されていますが、その多くが「発信者とファン、またはファンとファンの関係を繋ぎ、濃くする」ことを目的とした機能と言えます。例えば「コミュニティ」機能では、チャンネルのファンにアンケートを取ったり、SNSのようにインタラクティブに会話ができるようになりました。また、人気チャンネルにおいては「メンバー」機能があり、これはファンが直接月額課金してチャンネルを応援できるものです。

「登録者」という顧客リストを手に入れるだけではなく、ファンとインタラクティブに関わり、絆を強められる場所、それがYouTubeです。

好かれる

ブランド

パーソナ

リティ

「単純接触効果」は、繰り返し接触することで好意度があがる心理的効果を言いますが、自社のブランドを表す「ブランドパーソナリティ」を設定し、ファンと接触し続けることが、ブランドへの好意獲得に極めて効果的です。またYouTubeは言わずと知れた「動画」プラットフォーム。動画には色や音といった五感に知覚させる情報が多く含まれ、それらを適切に設計することで、知覚させたいブランドイメージを視聴者の潜在意識に知覚させることが可能です。

”一着十数万円のレザージャケットが
一晩で数百着売れるメディアに”

  −株式会社ビー・アール・ティー 代表取締役 大和一彦様 

富裕層の男性向けファッションECモール

「B.R.ONLINE」は、一着数十万円するような一流ファッションブランド製品を取り扱ういわば「ハイブランド版ZOZOTOWN」。2014年からBRAN動画の運用を開始頂き、今では登録者も10万人を超え、国内の企業が運用するファッションチャンネルとしてはトップに君臨するまでに成長。チャンネルの動画で紹介した高価格帯の商品が一晩で売り切れになることもザラだと言います。
「富裕層向けファッション」という、一見、ユーザー層の若いYouTubeと相性の悪そうなカテゴリながら、いかにして今の成功にたどり着いたのでしょうか。

その秘訣は動画のインタビューで。

チャンネル:「B.R.CHANNEL」
登録者数:11万5,941人(2019年7月現在)
運用期間:4年9カ月

unnamed.jpg

”これまで届かなかった若いユーザーを
BRAN動画で取り込めるように”

       −ウンログ株式会社 代表取締役 田口敬様 

「観便」。あまり聞きなれないこの言葉は、読んで字のごとく「便」を「観察」すること。それによって体の状態を知り、健康を目指していくというユニークなミッションを掲げているウンログ株式会社さん。
アプリのダウンロード数増加を目標に、2018年にBRAN動画の運用を開始。ダウンロード数も順調に伸びつつ、その恩恵はそれだけに留まらないと言います。

「観便」や「腸活」といった比較的なじみの薄い概念を啓蒙したり、これまで届かなかった若いユーザー層を取り込めたり、既存ユーザーのファン深度が増したりと、嬉しい誤算が盛りだくさん。
それを実現できた理由は、動画インタビューで。

チャンネル:「ウンTube」
登録者数:2万3,485人(2019年7月現在)
運用期間:9カ月

 

unnamed (1).jpg

金額は目的やプランニング内容などにより大幅に変化します。

個別にお見積りさせていただきますので、まずはお気軽にお問合せください。

お問合せ

ヒアリング

ご提案とお見積り

ご契約

制作開始

金額は目的やプランニング内容などにより大幅に変化します。

個別にお見積りさせていただきますので、まずはお気軽にお問合せください。

ビデオミーティングで、ソリューションを詳しくご説明いたします。下記ボタンよりお気軽にご予約ください。

HERE.png